自らの人材価値を高めよう!!

職能を活かした職務履歴書を書く為に

サイト概要

転職に必要となるのは、今までの知識や経験です。転職カウンセラーである管理人が今まで多くの転職者へアドバイスしてきたのが「職能」についてです。当サイトは転職を考えている人の役に立てばと思い作成いたしました。転職を考える際に参考にして下さい。※お問い合わせ>>【メールフォーム】

職務経歴書は相手を想像して書く

職務経歴書は相手を想像して書く

転職で必要となる履歴書・職務経歴書といった応募書類は、書類選考を通る上で大切なものとなりますので、その内容をしっかりとしたものにすべきです。作成にあたり意識すべき点は、読む側の感情や状況を想像する事です。転職は新卒と違って、社会経験を積んだ人として、その内容に厳しい目を向けられます。ここでは、転職者が作るべき履歴書・職務経歴書の内容をピックアップしましたので参考にして下さい。

LINEで送る
Pocket

読む側の立場を考える

社会人の経験があれば、募集時期や事業規模によって相手側企業の募集状況がある程度推測可能になります。どの位求人が集まるか、その求人数によっては応募書類に目を通す事が大変になるだろうから、自己PRを長々と書かずに要点をまとめて書く、職務経歴書も読みやすくしようと工夫をする事ができます。これは現在勤める会社の状況に置き換えて考えたり、自分が山のような応募書類に目を通す立場になったとすれば等、さまざまな状況を想像する事ができるはずです。このように目に見えない配慮ができるかどうかが履歴書・職務経歴書を作成する上で大切な事です。

読む側の感情まで想像して書く

もうひとつ想像すべきは相手の感情です。履歴書・職務履歴書を読む人事担当者がどんな内容に不快感や不信感を感じるか、この応募書類はNGと考えるポイントを想像してみましょう。例えば誤字脱字が多かったり修正テープを用いて修正している箇所があったりすると、どんなに立派な職務経験があっても、入社しても大切な書類を粗末に扱いそうだと感じてしまうかも知れません。また、大切な書類の不備を簡単に修正したり、読み返しができていないのは社会人経験者とは言えないと思われるかも知れません。
字が汚いのは仕方ないですが、それも丁寧に書く事である程度改善されます。大切なのは、応募書類を丁寧に扱っているかどうかです。細かな事に目を配る人事担当者なら、履歴書に貼る写真の切り方や貼り方、応募書類の書式にもこだわりますので、これで良いかな?と思わず、応募書類の作成方法を今一度見直しましょう。

失敗しない為には?

転職経験がない人や書類選考で毎回落とされる人に多いのは、履歴書・経歴書の書き方がわからなかったり、何をどのようにアピールしたら良いかわからないケースです。最近は書籍やインターネットで転職に有効な応募書類の書き方を紹介するものもありますが、希望する職種がある場合は転職エージェントを利用して応募書類の書き方を相談しましょう。転職エージェントは、企業の採用担当が応募書類に目を通す際にどこにポイントを置いているかを把握しています。それを踏まえた上で履歴書・職務経歴書の添削をしてくれますので、完成度の高い応募書類を作成する事ができます。また、応募書類の添削だけではなく、面接対策や年収アップの交渉まで行ってくれますので、転職にエージェントを利用する事をお勧めします。
応募書類に限らず、自分が採用担当者だったら何が気になるか、どこにポイントを置くか、自分を採用したいと思えるかと想像して転職に臨むようにしましょう。

向上心がある方に人気の記事