自らの人材価値を高めよう!!

形式に合った対応で最終面接に臨み職能をアピール

サイト概要

転職に必要となるのは、今までの知識や経験です。転職カウンセラーである管理人が今まで多くの転職者へアドバイスしてきたのが「職能」についてです。当サイトは転職を考えている人の役に立てばと思い作成いたしました。転職を考える際に参考にして下さい。※お問い合わせ>>【メールフォーム】

最終面接は形式に合った対応を

最終面接は形式に合った対応を

転職活動における最終面接は、採用を決める最も重要な部分です。形式に関わらず、面接終了までは選考中にある事を忘れずに緊張感を持ちましょう。最終面接の仕方は企業によって違いがあり、大きく分けると採用担当の前で質問に答えていく通常型と、対話を重視した雑談型があります。

LINEで送る
Pocket

通常型の最終面接とは

多くの企業が用いる面接方法は、採用担当の質問に淡々と答えていく形式の通常面接です。答えは端的・明確を意識し、十分に準備していけば問題はありません。ただ、時に想定外の質問が飛んだり、発言に対して突っ込みをしてくる場合もあります。これは、予想外の質問に冷静に答えられるか、考える力があるか等を確認する行為でもあります。答えられない事なら少し考える時間をもらったり、考えてもわからない事は正直にわからないと答える事が正解です。中途半端に答えてしまうと深みにはまってしまい、結局何を答えて良いかわからなくなりますので注意しましょう。
重要なのは、聞かれた事にブレなく自分の考えや能力を伝えられるかどうかです。自分の軸がブレず話す事ができれば、多少のズレはマイナスになる事はないでしょう。

雑談型は緊張感が必要

雑談型はいわゆる対話型の面接方法となります。単なる「雑談」ではない事を認識しましょう。1対1か1対2で行われる事が多く、雰囲気は非常にカジュアルである事が多くなります。それが余計に応募者の気を緩めさせてしまうのですが、面接はどういう形でも採用選考の場である事を決して忘れてはいけません。マナーと節度を持って挑みましょう。
そもそも雑談風にする目的は、緊張感が薄い中で話す事で本当の人間性をみる事ができるからです。カジュアルなやりとりでも節度を失わず、目上に対する態度を崩さず、言葉使いや姿勢に気を配れているかをみられています。また、会社にどう貢献できるか、どのような活躍ができるかを問われるのは通常型面接と変わりはありませんし、雑談型は経営者本人が面談する事も多いので、批判的な意見はNGです。面接担当に「緊張しないように」と言われたとしても、気を緩めずに良い緊張感を持って面接を受けましょう。

逆質問をしてみよう

最終面接まで残れた際は、逆質問をしておく事も大切です。しかし、最終面接では面接の相手が経営者であったり、役員である事を念頭においた上で質問しましょう。もちろん失礼のない質問でなければいけませんが、経営陣にしか聞けない、経営陣だからこそ答えられる質問をしてみましょう。例えば、会社のこれからの展望、経営陣が大切にしている事や、現場に求める事等、普段聞けないような事を逆質問してみると良いでしょう。最終面接ならガチガチに緊張せず質問する事ができるでしょうから、立場上この人なら答えてくれそうだと思える質問を用意してみてはいかがでしょうか。

向上心がある方に人気の記事