自らの人材価値を高めよう!!

レベルを上げて職能を鍛える

サイト概要

転職に必要となるのは、今までの知識や経験です。転職カウンセラーである管理人が今まで多くの転職者へアドバイスしてきたのが「職能」についてです。当サイトは転職を考えている人の役に立てばと思い作成いたしました。転職を考える際に参考にして下さい。※お問い合わせ>>【メールフォーム】

職能のレベルを上げよう

職能はさまざまな能力の結集と言えます。職能と言える能力は多岐に渡りますが、代表的になるのは責任感やビジネスマナー、状況把握力と考える力です。それぞれを習得して初めて職能が高いと言えますが、それらを習得するのはそう簡単ではありません。しかし、ビジネスパーソンとして必要となる職能は、基本部分だけでもしっかりと習得したいところです。独学で無理な場合はスクールに通って習得する方法もありますし、これなら確実に学べると思います。

職能のレベルを上げよう
  • ゴール設定で責任感を

    ゴール設定で責任感を

    仕事をこなす為には責任感が必須となります。責任感がない仕事をしていれば、仕事が途中半端になる可能性が大です。社会人として当たり前に求められる能力と言える責任感は、どうやって強化していけば良いでしょうか。ビジネスでは、最終ゴールの設定と理想像を明確にする必要があります。この双方が噛み合うと仕事に対するモチベーションが上がり、同時に責任感も生まれてきます。また、仕事をこなした後は振り返って問題点をあぶり出し次に役立てる事も大切であり、責任感がないとできない作業となります。続きへ

  • ビジネスマナーを身に付けよう

    ビジネスマナーを身に付けよう

    ビジネスマナーは、顧客に対しても職場に対しても必須となるマナーとなります。ビジネスマナーがしっかり身に付いていると顧客満足に繋がりますし、それが元となり業績を伸ばす事ができます。また、職場においてのビジネスマナーは人間関係を円滑にし、仕事がやりやすい環境を自ら作る事もできるようになります。しかし、ビジネスマナーはシーンごとに異なりますので、とても多岐に渡ります。独学で学ぶには限界がありそうですので、その際はビジネススクールに通う事がお勧めです。続きへ

  • 状況把握力を習得しよう

    状況把握力を習得しよう

    仕事ができるビジネスパーソンは、状況把握力に優れていると言えます。ビジネスにおいての状況把握とは、周囲が今どんな状況になっているか把握し、自分ができる事をしていきます。また、リーダーになった時は部下や後輩の状況を把握して、適切な仕事を任せるようにしなくてはいけません。この状況把握力の鍛え方は、普段から周囲に目を配り自分が何ができるかを考える事です。例えば、周りが忙しくしている時は手助けに入るといった事を繰り返すと良いでしょう。続きへ

  • 自ら考える力を鍛えるには

    自ら考える力を鍛えるには

    仕事には問題や悩みが尽きません。悩んで解決するなら良いですが、悩んでばかりでは解決にはなりません。まずはその問題や悩みを解決する為の策を考えましょう。良いアイデアを生む為に特別な才能はいりません。今までの経験の積み重ねで得られるアイデアもあれば、一度その問題や悩みに対して時間をおく事も必要になるでしょう。いくら考えても答えが出ない事は、考えるだけ時間の無駄です。また、多面的な角度から物事を見る事も必要です。続きへ

向上心がある方に人気の記事