自らの人材価値を高めよう!!

職能のレベルを上げるならビジネスマナーを学ぼう

サイト概要

転職に必要となるのは、今までの知識や経験です。転職カウンセラーである管理人が今まで多くの転職者へアドバイスしてきたのが「職能」についてです。当サイトは転職を考えている人の役に立てばと思い作成いたしました。転職を考える際に参考にして下さい。※お問い合わせ>>【メールフォーム】

ビジネスマナーを身に付けよう

ビジネスマナーを身に付けよう

ビジネスマナーを学ぶ事も職能を身に付ける上では必要となりますが、ビジネスシーンごとに適切なマナーを全て覚えるのはそう簡単ではありません。ですが、しっかりとマナーを身に付ける事で高評価を得る事ができます。

LINEで送る
Pocket

ビジネスマナーはなぜ必要なのか

ビジネスマナーと言っても、それはとても多岐に渡ります。しかし、そのマナーを身に付けている人と身に付いていない人では仕事の結果に大きな差がつきます。というのは、マナーをひとつひとつ確実に身に付ける人は、仕事ができるようになる、仕事がはかどるといった実感を持ちながら仕事をしています。また、それは社内や顧客から感謝されたり、褒められたりする事に繋がっていきます。この確かな実感とフィードバックがとても重要となります。
自信と周囲からの高評価によって充実感が強まります。職場での存在価値や有用感が強くなれば、モチベーションが上がりやる気に繋がりますし、その結果会社に対する貢献や期待を強く意識する事ができるようになります。社会人となり早期にビジネスマナーを習得できれば、職場や取引先と良い関係を作る事ができますので、早い段階で成果を出す事も可能となります。そういった成功体験が一人前のビジネスパーソンを作り上げていくのです。何よりも早い段階で得た自信や結果は、その先のキャリア形成や仕事の成果向上等に大きな影響を与えます。ビジネスマナーを身に付ける事で大きく成長していきますし、社員の定着率にも良い影響をもたらします。その優位性を意識してか、最近では内定者研修の中にビジネスマナーを必須で盛り込んでいる企業が増えています。

学ぶべきビジネスマナーとは

では、学ぶべきビジネスマナーとは実際にどのようなものか考えてみましょう。ここでは大きく「基本」と「実践」にわけてみました。まず、「基本」となるビジネスマネーは以下のものとなります。
まず「礼儀マナー」です。身だしなみや服装、挨拶や言葉使い、役職の上下関係や冠婚葬祭、その他健康管理等、社会人として最低限の礼儀マナーは必須となります。次に「ビジネスマナー」です。電話や携帯電話、メールやPC、FAX等のマナー、名刺交換の仕方や上座下座の知識、ビジネス文章の書き方からビジネス用語等が該当します。ビジネスパーソンとして当然習得しておかなければいけないルールやマナーです。3つ目が「職場の人間関係マナー」です。社会人になると仕事での付き合いは大切になります。人間関係でトラブルを招かない為には、人間関係の基本や職場のマナーを最初に学んでおく必要があります。最後に「職場のルール」です。会社の人間関係や報告、連絡、相談(報連相)、飲み会や宴会でのマナー、会議やミーティングルール等、職場におけるルールも最初に理解しておく事が大切です。

「実践」となるビジネスマナー

次に、社会人として円滑に効率よく進んでいく為のスキルも重要となります。特にコミュニケーションが苦手な若手社員が知っておくべきスキルは、次のものとなります。
まず「顧客対応スキル」です。電話対応やアポの取り方、来客対応と訪問時のマナー、接客マナー等は顧客対応スキルの中心となります。顧客に対して失礼のない対応を学び、次なるビジネスチャンスへ繋げる方法を身に付けなければいけません。次に「職場対応スキル」です。社内行動の基本や指示の受け方、報告や言動、各種書類の書き方や事務処理等、職場での行動をスムーズに進める為のスキルを学びましょう。3つ目が「コミュニケーションスキル」です。正しいコミュニケーションを取る為には、全て相手の立場に立って考える事が大切です。その点から、傾聴と共感といったコーチングスキルを意識して身に付けるようにしましょう。この他にも、グローバル企業であれば国際人との付き合い方や国際マナーもありますし、対顧客ではクレーム対応も重要となります。また社内トラブル対処法や断り方、謝り方も覚える必要が出てきます。

ビジネスマナーを学ぶ

このように多岐に渡るビジネスマナーを学ぶのは、1人ではなかなか難しいところもあります。しっかりとビジネスマナーを学ぶならビジネススクールに通うのもひとつの方法です。カリキュラムが豊富ですので単独で学ぶより効率的ですし、実際の職場では学びきれないマナーも身に付ける事ができるはずです。
アイルキャリアカレッジでは、ビジネスパーソンに必須となる「聞く・考える・行動する」を基本に、頻出ビジネスマナーを学ぶ事ができます。

詳細はココ

アイルキャリアカレッジ

グローバルに対応するビジネスマナーを学ぶのも強みとなります。しかし、自分の仕事が国際的な内容でなければ学ぶ機会はそうありません。より知的なビジネスマナーを学びたい人や、将来国際人として仕事をしたいと考えている人なら、海外でも通用するビジネスマナーを身に付けてみましょう。
特に女性のビジネスパーソンにお勧めなのが、一般社団法人である日本プロトコール・マナー協会です。一般的なビジネスマナーはもちろんの事、世界で通用する一番美しいとマナーと言われるプロトコールを学ぶ事で、内面の美しさを作り上げる事ができます。

詳細はココ

プロトコール・マナー協会

向上心がある方に人気の記事